朝食は取るべきか

みなさんは朝食を取っているだろうか?
毎日必ず食べるという人。食欲がないけど頑張って食べている人。全く食べていない人。
人それぞれかもしれない。
このページでは他のページがそうであるように、「朝食は重要である。受験生は必ず取るべき」などと書くつもりはない。
一般的に朝食はとった方が良いと言われている。
それはなぜか?偉い学者がそう言っているから。テレビのパンのCMなどで朝食は大切と言っていた?親にそうしつけられたから。どこかで朝食を取っている人とそうでない人の成績の対比のグラフを見た?

理由はいろいろ考えられると思う。
しかし、気をつけてもらいたいのは、その学者が正しいことを言っている保証はあるのだろうか?
調査の結果も本当に正しいのか?
そもそも、人の体は千差万別である。そばや卵が体に良くても、人によってはそれを食べると死んでしまうという人もいる。
あなたの消化能力では、3食とるのは体に負担なだけかもしれない。
1日16時間以上、食べない時間を作ることが体に良いと言っている学者やデータもある。
絶対的に正しいことはこの世に本当に少ない。
朝食を食べる、食べないで体調がどうなるか、集中力は変わるのか?
実際に自分で試してみて、どうするか決めるべきである。